認定こども園とは?

学校法人しらゆり幼稚園は、栃木県(宇都宮市)の幼保連携型認定こども園です。認定子ども園とは、0歳から小学就学前のお子様に、幼稚園の教育機能と保育園の保育機能の両方を合わせて持つ単一施設で、保育及び教育並びに保護者に対する子育て支援の総合的な提供を行う施設です。

砂遊び

昭和48年学校法人しらゆり幼稚園として開園し、平成24年認定しらゆりこども園に、平成27年からは幼保連携型認定しらゆりこども園として現在に至っています。

毎日の様子

0・1・2歳の各クラスは、それぞれの年齢に合った方法で、プロジェクト保育・英語・モンテッソーリ教育・プロジェクト保育をゆったりとした生活リズムの中に組み入れて、楽しく過ごしています。

3・4・5歳児は、1号認定児、2号認定児、年齢により年少・年中・年長組にクラスを編成し、同じ保育室で過ごしています。3歳児クラスは1クラス20~22名、保育者2名の編成で、今まで以上に一人ひとりに応じたきめ細かな保育を行えるようにしています。自由遊び・体操・クラス活動のほか、学年により異なりますが、プロジェクト保育・英語教室・モンテッソーリ教育・スポーツ教室・かきかた教室などの活動も取り入れ、豊かな経験により、主体性や協調性・思考力を育む保育を展開しています。どの活動も子どもたちは皆、楽しんで取り組んでいます。

また、毎日の体操では、お兄さんやお姉さんと一緒に音楽に合わせて体を動かし、ゆったりとした時間の中にも、動きのある活動を取り入れています。11月~3月までは、園近辺のマラソンを行っています。

子ども達は、月~金曜日・10時から13時までの保育時間を外国人英語教師と一緒に過ごします。英会話(Playing Kids)の時間以外にも、給食を一緒に食べたり、お誕生会や園外保育を一緒に過ごし、生活の中で英会話や異文化に触れる機会を設けています。

このページの先頭へ戻る