お知らせ

-3歳以下の子どもの事故が多数発生しています-

6月4日から6月10日までの1週間は「歯と口の健康週間」です。この週間は、歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発を目的として、厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施しています。
 むし歯予防や口の中の衛生のため、歯磨きは大切な生活習慣です。また、乳幼児期から自分で歯磨きしたり仕上げ磨きをしたりしてもらうなど、子どもにとっても歯磨きは毎日の習慣である一方で、歯ブラシをくわえたまま転倒し、喉を突くなどの事故情報が、医療機関から寄せられています。
 平成28年4月から令和3年3月末までに、6歳以下の事故情報が120件報告され、そのうち3歳以下の事故が104件となっています。報告された事故の中には、歯ブラシが口の中や喉に刺さって集中治療室に入室する必要が生じたなどの重大な事例が含まれています。歯ブラシによる喉突き事故などを防止するため、特に、事故が多い1歳から3歳頃の子どもが自分で歯磨きをするときは、以下のことに気を付けましょう。
(1)保護者がそばで見守り、床に座らせて歯磨きをさせましょう。子どもが 歯ブラシを口に入れたり、手に持ったりしたまま歩き回ると、転倒してけがをする危険があります。
(2)子ども用歯ブラシは、喉突き防止対策を施したものを選び、保護者が仕上げ磨きをする歯ブラシと使い分けをしましょう。

※事故防止のためのアドバイス

むし歯予防のため、歯磨きは大切な生活習慣ですが、歯ブラシによる喉突きにより口腔内を損傷し、入院を要する事故が発生してしまうおそれがあります。

事故防止のために、特に事故が多い1歳から3歳頃の子どもが自分で歯磨きをするときは、以下のことに注意しましょう。

① 歯磨き中は、保護者がそばで見守り、床に座らせて歯磨きをさせましょう。子どもが、歯ブラシを口に入れたり、手に持ったりしたまま歩き回ると、転倒してけがをする危険があります。

・ソファや椅子、踏み台など、転落するおそれのある不安定な場所での歯磨きは避けましょう。

・転倒したり、家族などの人や物にぶつかったりしてけがをすることがあります。歯ブラシを口に入れたり手に持ったりした子どもの周囲には、転倒する原因になりやすい、クッション、布団、コードといった物を置かないようにしましょう。

②子ども用歯ブラシは、喉突き防止対策を施したものを選び、保護者が仕上げ磨きをする歯ブラシと使い分けをしましょう。

幼児期の子ども自身の歯磨きは、習慣づけとして大切ですが、子ども用歯ブラシはきれいにする効果が不十分なため、保護者が仕上げ用歯ブラシで仕上げ磨きしましょう。ただし、仕上げ用歯ブラシは、子どもには持たせず、子どもの手の届かない場所に置きましょう。

~消費者庁 子どもを事故から守る!事故防止ポータル~

消費者庁では、「子どもを事故から守る!」ための様々な取組を行う「プロジェクト」を集中的に実施しています。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/

メール配信サービス「子ども安全メールfrom消費者庁」では、主に0歳から小学校入学前の子どもの思わぬ事故を防ぐための注意点や豆知識を、定期的にお届けしています。お子様の事故を予防するために、是非御活用ください。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_001/attention/

~独立行政法人国民生活センター 子どもサポート情報~

独立行政法人国民生活センターでは、乳幼児から子どもに多い製品事故などのトラブルといった様々な情報をお知らせするメールマガジン「子どもサポート情報」を配信しています。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/kmj_mglist.html

万一に備え、相談窓口を確認しておきましょう。

■子ども医療電話相談(お住まいの地域により対応時間が異なります)

℡ #8000