栗拾い園外保育

2018年10月03日

 

10月2日(火)年中児は栗を拾うため、若山農園に行きました。

栗拾いだけでなく、若山農園の方に案内していただいて竹林散策も行いました。

 

竹林散策では、真竹(かぐや姫のお話に出てくる、日本に昔からある竹)、孟宗竹(大きくて太い竹)、金明孟宗竹(金色で、緑色の縦縞が入っている竹)など、様々な竹の種類について学びました。また、実際に竹に触れてみて竹の感触を楽しんだり、竹の皮を集めたりして竹に親しみを持ちました。

 

栗拾いでは、すでに地面に栗が落ちている状態だったので簡単に拾うことが出来ましたが、中にはイガに入ったままの栗もありました。イガは手で触ると怪我をしてしまうので、足で蹴ったり、踏んだりしてイガから取ってから拾うことを教えていただき、一人5個ずつ拾いました。

 

子どもたちが拾った栗は、後日栗ご飯にしてみんなで食べる予定です。

子どもたちの中には栗ご飯を食べたことがない子もいるので、どんな味がするか、みんなで味わって食べたいと思います。

このページの先頭へ戻る